薬局案内

青松記念病院 薬剤部の特色

yakkyoku薬剤部では患者様に安全で安心できる薬物療法を受けていただくため、薬剤の調剤とともに、医薬品の管理、供給、医薬品情報提供、服薬指導などの業務を通じて、医薬品の適正使用と適正管理を推進しています。

また、チーム医療の一員として薬物療法を支援し患者様のQOLの向上に取り組んでいます。
病棟等に薬剤師を整備し、薬剤管理指導業務及び病棟等での医薬品管理(持参薬を含む)を充実させ、入院患者様の薬物療法における有効性・安全性を確保します。

薬剤部の基本方針

  • 1.安全で安心な薬物療法を提供する。
  • 2.職能を活かしてチーム医療に貢献する。
  • 3.迅速で適正な薬剤情報を提供する。

薬剤部では以下のような業務を行っています。

処方箋調剤

医師からオーダーされた処方内容について、薬剤師の視点から投与量・用法、相互・作用・併用禁忌の有無などのチェックを行い、安全で正確かつ効率的に調剤を行っています。
外来処方箋は、院内処方の為診察後即時発行され、当院にて処方されます。

注射薬調剤

医師からオーダーされた処方内容について、投与量、投与法、配合変化・併用禁忌の有無などのチェックをおこなったうえで、患者様ごとに注射薬を1回分ずつセットして病棟へ配薬しています。

がん化学療法

医師から提出された個々の患者様の治療計画書について、投与量、投与間隔、投与方法のチェックし、抗ガン剤治療を行います。

服薬指導

入院患者様が、効果的で安全な薬物治療を不安なく受けられるように、病棟毎に担当薬剤師がベッドサイドで適切な指導、説明を行っています。入院時には、患者様の持参薬を薬剤部で確認することにより、他院との重複投与などをチェックして、入院後も安全に服薬していただいています。

医薬品管理

病院内で使用する医薬品の購入、在庫管理、供給を行っています。特に毒薬・麻薬・向精神薬などは、法に基づいた厳格な管理を行っています。

医薬品情報の提供

医薬品の情報を収集・整理・保管するとともに、薬学的評価を行い、医師や看護師など医療スタッフに、迅速に情報を提供しています。また院内で発生した副作用の収集・情報提供も行っています。

チーム医療への参画

感染対策チーム、褥創対策チーム、医療安全対策チーム等のカンファレンスに参加して、薬剤師の視点から患者様の薬物治療を支援しています。

薬剤師教育

薬剤部では、定期的に医薬品安全使用研修会、薬剤説明会などを実施して、知識レベルの向上に努めています。医療の進歩に伴い高度医療に対応できる薬剤師の育成を目指しています。

採用後発医薬品の積極的使用

当院では、患者様により安価な薬を提供するために、後発医薬品の採用を積極的に行っています。
後発医薬品には先発医薬品が国から承認を得ている適応(効能効果等)が欠けている場合があり、そのような場合は先発医薬品を使用しています。
診療日カレンダー
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
午前診療
09:00~12:00
夜診診療
18:00~20:00
午前診療
09:00~12:00
休診日
日・祝
© 2017 青松記念病院 All Rights Reserved.
トップへ戻る